Profile

北阪昌人 

ラジオドラマ脚本家

作家

 

大阪生まれ

学習院大学文学部ドイツ文学科卒
日本放送作家協会会員・日本脚本家連盟会員

 

書いたラジオドラマ脚本は、1,000作品にも及ぶ。

ここ30年以上出版されていなかったラジオドラマ脚本の書き方の入門書『ラジオドラマ脚本入門』(映人社)を2015年に出版。現在も脚本を担当しているラジオドラマ『NISSAN あ、安部礼司』は、放送13年目を迎え、ラジオドラマの常識を破るさまざまな記録を樹立。

2013年12月22日、8時間23分31秒という「世界でいちばん長いラジオドラマ」でギネスに登録。2015年10月2日、日本武道館にて8,000人の観客の前で、ラジオドラマを上演。横浜の日産グローバル本社ギャラリーの公開収録イベントに、3万人以上の動員を果たす。『AKB48の私たちの物語』(NHKFM)、『ラジオシアター~文学の扉~』(TBSラジオ)、『サウンドライブラリー~世界にひとつだけの本~』(JEN)など、ラジオドラマ脚本、ラジオ番組構成などレギュラー多数。

また、次世代のラジオドラマ作家を育成するため脚本塾を開き、コンクール受賞者を輩出。

全国の中学校、高校に出かけ、「ラジオドラマが想像力を鍛える」というテーマで出前授業を敢行。

他には、舞台『鉄道員(ぽっぽや)』脚本、映画『精霊流し』脚本協力など。

絵本『えいたとハラマキ』(小学館)。ラジオ朗読原作本『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)がある。

《受賞歴》

​ 

 ●2018年

  • エフエム徳島・TOKYO FM共同制作 鳴門第九アジア初演100周年記念企画

  • ドキュメンタリードラマ『歓喜の歌が響く街~第九の里・徳島県鳴門市の奇跡』 脚本・構成 (ラジオ)

  • 第55回ギャラクシー賞 ラジオ部門入賞

  • 平成30年日本民間放送連盟賞 ラジオ教養番組・優秀賞

 ●2016年

  • 『ライターのつぶやき~河北新報の5年』脚本・構成 (ラジオ)
    第53回ギャラクシー賞ラジオ部門選奨受賞

  • 『ポップコーン・オン・ザ・ギンザ』構成 (ラジオ)

  • 第53回ギャラクシー賞ラジオ部門奨励賞受賞

  • 2015年

  • 『夢の行方』構成 (ラジオ)
    平成27年度日本民間連盟放送賞ラジオエンターテインメント部門優秀賞受賞

     ●2014年

  •  

  • 『前略倉本聰様~小山薫堂からの贈りもの』 構成 (ラジオ)

  • 第51回ギャラクシー賞ラジオ部門選奨受賞 

 

  2010年

  •  

  • 『Sound Library~世界にひとつだけの本』脚本
    第48回ギャラクシー奨励賞受賞
    朗読:木村多江

  2007年

  •  

  • 『プラットホーム』脚本 (ラジオドラマ)

  • 第62回文化庁芸術祭優秀賞受賞(ラジオドラマ部門) 

  • 第44回ギャラクシー選奨受賞 

  • 出演:緒形直人、小関里恵 他

  1998年

  •  

  • 『水の行方』脚本 (ラジオドラマ)

  • 第26回創作ラジオドラマ脚本懸賞 入選 

  • 出演:千葉哲也、毬谷友子 他 

  • 月刊「ドラマ」1998年5月(No.227)に掲載(平成12年度芸術祭参加作品)

  

  1996年 

  • 『わが心の師大賞』大賞(オーズ賞)受賞 (エッセイ)

  • 〔1996年8月1日受賞、同12月出版『先生あのね』単行本内掲載〕 

  •  

  • 1995年

  •  

  • 『海の真珠』脚本 (ラジオドラマ)

  • 第2回Kiss FM KOBE STORY脚本大賞入選

  •  

  • 1993年
    ​   

  • 『墨のあと』(小説) 

  • 第36回千葉文学賞入選 

  • 〔1993年4月17日(土)千葉日報新聞紙上に掲載〕

  •  

  • 『真夜中の公園』脚本(ラジオドラマ)

  • 東北放送開局40周年記念ラジオドラマ大賞入選

  • 出演:寺田農、緒形幹太

© 2016 by MASATO KITASAKA 

脚本家 北阪昌人のホームページ